研修医マニュアル

研修医生活を送る作者が研修中に学んだこと、ポイント、その他を解説。

子宮底の表し方


N/N:臍高

N/2:臍下2横指

N/3:臍下3横指

2/N:臍上2横指

N/S:臍と恥骨結合上縁との中央



子宮底の高さは、

分娩直後、臍下3横指(N/3)になり、

その後上昇し、臍高(N/N)に至る。

そして再び下降し、

産褥1~2日目に臍下1~2横指(N/2~N/3)

産褥3日目に分娩直後の高さ:臍下3横指(N/3)、

産褥6日目に臍と恥骨結合上縁との中央(N/S)

産褥7日目に恥骨結合上縁

産褥10日目に触知できなくなる。


分娩後、子宮の大きさは小児頭大だが、6週間後に妊娠前と同じ状態に戻る。

 

ジャクソンリースとアンビューバックの違い

 ある日、当直をしていたら、看護師さんに
『ジャクソンとアンビューの違いってなんですか?』
と聞かれて即答出来なかったので、まとめてみました。


続きを読む

産婦人科で使われる略語シリーズ

 産婦人科を研修した際に見かけた略語シリーズです。
 他科と比べて独特な単語や医療用語があるので、
 産婦人科をまわる前に、一読しておくと良いと思います。 続きを読む

妊娠糖尿病

【定義】

 妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病にいたっていない糖代謝異常である。
 妊娠時に診断された明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)は含めない。


【診断基準】

 妊娠中に発見される耐糖能異常(hyperglycemic disorders in pregnancy)には、

1)妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus:GDM)

2)妊娠時に診断された明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)

の2つがあり、次の診断基準により診断する。


1)妊娠糖尿病(GDM)

75g OGTTにおいて、次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。

1.空腹時血糖値 ≧92mg/dl (5.1mmol/l)

2.1時間値 ≧180mg/dl(10.0mmol/l)

3.2時間値 ≧153mg/dl(8.5mmol/l)


2)妊娠時に診断された明らかな糖尿病(overt diabetes in pregnancy)

以下のいずれかを満たした場合に診断する。


1.空腹時血糖値≧126mg/dl

2.HbA1c(NGSP値)≧6.5%

3.確実な糖尿病網膜症が存在する場合

4.随時血糖値≧200mg/dlあるいは75gOGTTで

  2時間値≧200mg/dlの場合

  ※いずれの場合も空腹時血糖かHbA1cで確認を行う。


註.HbA1c(NGSP値)<6.5%で75gOGTT 2時間値≧200mg/dlの場合は、

妊娠時に診断された明らかな糖尿病とは判定し難いので、High risk GDMとし、

妊娠中は糖尿病に準じた管理を行い、出産後は糖尿病に移行する可能性が高いので、

厳重なフォローアップが必要である。


出典:日本糖尿病・妊娠学会

   NGSP値への移行に伴う妊娠糖尿病診断基準の改訂について 
 

破水検査

破水とは、卵膜が破れ、羊水が漏出することであり、
早産域と正期産域では、その重要性と取り扱い方が異なってきます。

よって、破水が起きているかどうかを確認することが非常に重要であり、
破水検査を正確に行う必要があります。
破水検査には、様々なものがあり、
研修中に色々経験することができると思います。

産婦人科をまわる前に、検査方法を知っておくと良いと思います。
 続きを読む

電子カルテのテンプレート

 初診救急外来で診察する際に必要な項目をまとめてみました。
 もちろん、これで全てではなく、適宜省略したり、追加したりして
 適切なカルテを作ることを心がけてみてください。

 ※編集上、一部の単語、数字、(+)、(−)を仮記入しています、
   カルテを書く際には、実際に行った診察を踏まえて記入してください。 続きを読む

熱中症

 夏の暑い日、救急外来をしていると必ず出会う疾患が、『熱中症』です。

 熱中症なんて、『ただの夏バテでしょ?』 と思っていると、

  大間違い です!!命を落とすこともあるとても危ない疾患です。

 かなりの頻度で遭遇し、適切な処置が必要な重大な疾患なので、
 しっかりと勉強して、適切な対処ができるようにしておくと良いと思います。 続きを読む

創傷処置

研修医が出来なければいけない創傷処置の一つに、縫合があります。

特に、真皮縫合、皮下縫合、単一結節縫合、水平マットレス縫合、垂直マットレス縫合は研修医中にマスターしておきたい手技です。

また、医療用ホッチキスであるSkin Staplerも使えるようになっていると便利です。

続きを読む

大腿骨骨折

大腿骨骨折


大腿骨骨折(または疑い)患者さんのカルテを書く上で特に大切なことは、


①何で転んだのか?

→心疾患、脳血管障害などの可能性があるため


②転ぶ前のADLはどうだったのか?認知症の有無も確認する。

→治療法を選択する上で重要。受傷後のADLは1ランク落ちる。


この2つは必ず記入するようにする。


また、大腿骨骨折は、基本的に手術となる場合がほとんどなので、

手術(入院)に必要な検査を追加して行う。

・レントゲン撮影(胸部、股関節2方向)

・心電図

・血液検査・尿検査


※また、必要な同意書を頂いておくこと。

→手術、輸血、麻酔、抗生剤問診票など



続きを読む

内科のスケジュール

研修医中に回る内科(一般内科)のスケジュールです。
病院ごとにスケジュールの違いがありますが、
だいたいの流れをまとめました。 続きを読む
記事検索
ランキング
ギャラリー
  • 脂質異常症
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
相互RSS
  • ライブドアブログ