研修医マニュアル

研修医生活を送る作者が研修中に学んだこと、ポイント、その他を解説。

Barthal Index(バーサルインデックス)

 代表的なADL評価法

 自立していれば100点、すべて介助してもらっていれば0点という採点法。

 食事、整容など10項目に5点から15点の配点がされている。

 
 BI100点は、病棟内自立であり、一人で社会生活を営めることを意味しない。

 100点だからといって、独居可能というわけではない。 

【長所】

 ・Barthel indexは採点者を選ばず、評価の際に誰がやっても、似たような点になる。
 ・採点する時間が短くて済む。
 ・多くの施設で採用されている為、入院するとき
40点以上あればだいたい家に帰れる、など
  予後を予測したり、転院時に申し送りとしても点数を利用できる。

 

【短所】

 採点が5点刻みである為、症状の改善が捉えにくい。

 
 

【評価項目(10項目)】

①食事

②車椅子からベッドへの移乗

③整容

④トイレ動作

⑤入浴

⑥歩行

⑦階段昇降

⑧着替え

⑨排便コントロール

⑩排尿コントロール

 

【評価】

60点以上:介助が少ない

40点以下:かなりの介助を要する。

20点以下:全介助

 

 <Barthel indexを評価する際に用いると便利なサイトです。>
 

Barthal Index評価シート

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/geriatrics/pdf/btl.pdf

 

Barthel index評価シート+意欲の指標(Vitality index)+MMSEのセット

http://www.crsu.org/chears/pdf/65situmonnsi.pdf     

CPC


 CPC(ClinicoPathological Conference)とは、
 
 臨床病理検討会のことであり、
 
 研修医は2年間で少なくとも1症例は経験し、自ら発表を行い、
 レポートを提出 しなければいけません。

 2年間の研修医生活の中で誰もが最も苦労するお仕事の1つです。
 要点だけをまとめましたので、参考にしてください。続きを読む

ドイツ語

現在はドイツ語を見かけることは少なくなってきましたが、 

昔ながらの診療所や紙カルテを使用している病院では時々見かけることがあります。

カルテに書かれていることがわからなくて困ることが希にあるので、整理しておきます。

 

続きを読む

地域医療で重要なこと!!

 
 地域医療(僻地医療)では、臨床ももちろん大事だが、

 介護保険等の『制度』を復習してくることが大事!!

 特に公衆衛生的なこと。

 例えば、『要介護がいくつでどんなサービスが受けられるか』など。


 地域医療は、大きな病院とは違い、病気が治ったからと言って、

 すぐに退院することが出来ない。

 帰る家がない、帰っても生活出来ないといった患者さんが多く、
 社会的入院が多いという特徴がある。
 

 そのような状況に対応するため、社会サービスを早めに申請して、

 この患者さんのゴールをどこにするか早めに決め
 社会的入院を減らす努力をしなければならない。


 また普段、研修している病院から転院・退院している患者さんが、

 どうやって家や施設に帰っていくのかをしっかりと見ること!!

 さらに、患者さんが転院・退院後、どのような生活を送っているのかを知る。

 普段研修している病院内では見られないものをしっかりと見て体験してくることが重要。

 
 臨床では、
 膝の関節注射や穿刺などの症例が多いため、実践的な手技を身につけることができる。
 基本手技・基本処置はしっかり予習してくこと!! 

 また、診療所では、CTやMRIなどの機器が置かれていないことが多く、
 身体診察やエコーなどによるスクリーニングを行う機会が多いので、
 その技術を身につけるようにしっかり予習していくと良いと思います。 


【オススメ参考書】
 

認知症検査

 
 認知症の診察を行う際に行う検査には、たくさんの種類があり、
 状況や患者さんの状態に応じて使い分けていく必要があります。

 検査の種類についてまとめてみました。
 個々の検査内容については、改めて解説を作ろうと思っています。 続きを読む

腹部エコー


エコー所見の書き方です。
施設によって様々な書き方がありますが、ここでは基本的なことを書きます。


続きを読む

消化器科のスケジュール

 病院や施設によって、研修内容は違ってきますが、
 僕が研修している病院で行われている実際の研修内容を書きます。
 ここに書いてある時間通りに行かないことも多いですが、
 だいたいの目安で参考程度だと思ってください。続きを読む

循環器科を回る前に!!

 循環器科は、まず最初に正常な心電図を読むことから始まります。
 正常な心電図を、『正常』と正しく判断できるようになるまで練習すること。

 理想は循環器を回る1ヶ月前頃から、1日10枚以上の『正常心電図』を読むことです。


 循環器科のDrは、とても忙しく、また非常に優秀な人が多いので、
 事前学習を十分にやっていないと、相手にされない可能性が高いです。

  ちなみに、私は指導医のDrから1日5回舌打ちされていましたorz 

 私のように、循環器志望でない研修医でも、舌打ちされないために最低レベルとして、
 
心電図の読み方パーフェクトマニュアル―理論と波形パターンで徹底トレーニング! は
 読み込んでいた方が良いと思います。
   3秒で心電図を読む本 もわかりやすくて、お勧めです。
 
  

循環器科スケジュール

 

 循環器科の臨床実習は、以下のような感じです。

 もちろん、各病院、各地域によって差はあるかもしれませんが・・・。
 特に、心カテ(心臓カテーテル治療)を行っている病院と行っていない病院では
 その違いが顕著です。
 基本的に心カテをやる病院は、忙しくなる傾向があると言われてます。続きを読む

トレッドミル負荷心電図検査


トレッドミル負荷心電図検査

 
 ベルトコンベアに乗って、歩く(または走る)ことで、
 日常生活で現れる胸痛・動悸・息切れなどの症状を再現し、
 その時の心電図と血圧の変化を見て、運動中の心臓の状態を調べる検査。

 循環器科を回る研修医が知っておくべきことを書きます!!


続きを読む
記事検索
ランキング
ギャラリー
  • 脂質異常症
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
相互RSS
  • ライブドアブログ