1957年(昭和32年)2月に行われた防衛大学校第一回卒業式での総理大臣訓示です。
自衛隊の方だけでなく、医療者にも当てはまると思い、
この吉田茂総理大臣の言葉がとても印象的でした。
【昭和32年2月防衛大学校第一回卒業式での総理大臣訓示】


君たちは自衛隊在職中、


決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく、


自衛隊を終わるかもしれない。


きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。


しかし、自衛隊が国民から歓迎される事態とは、


外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、


国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。


言葉を換えれば、君達が日陰者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。


どうか、耐えてもらいたい。


一生御苦労なことだと思うが、国家のために忍び堪え頑張ってもらいたい。


自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。


しっかり頼むよ。