代表的なADL評価法

 自立していれば100点、すべて介助してもらっていれば0点という採点法。

 食事、整容など10項目に5点から15点の配点がされている。

 
 BI100点は、病棟内自立であり、一人で社会生活を営めることを意味しない。

 100点だからといって、独居可能というわけではない。 

【長所】

 ・Barthel indexは採点者を選ばず、評価の際に誰がやっても、似たような点になる。
 ・採点する時間が短くて済む。
 ・多くの施設で採用されている為、入院するとき
40点以上あればだいたい家に帰れる、など
  予後を予測したり、転院時に申し送りとしても点数を利用できる。

 

【短所】

 採点が5点刻みである為、症状の改善が捉えにくい。

 
 

【評価項目(10項目)】

①食事

②車椅子からベッドへの移乗

③整容

④トイレ動作

⑤入浴

⑥歩行

⑦階段昇降

⑧着替え

⑨排便コントロール

⑩排尿コントロール

 

【評価】

60点以上:介助が少ない

40点以下:かなりの介助を要する。

20点以下:全介助

 

 <Barthel indexを評価する際に用いると便利なサイトです。>
 

Barthal Index評価シート

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/geriatrics/pdf/btl.pdf

 

Barthel index評価シート+意欲の指標(Vitality index)+MMSEのセット

http://www.crsu.org/chears/pdf/65situmonnsi.pdf