消化器科では、様々な指標・分類が使われます。
その中でも、肝障害度を評価するスコア、
Child-Pugh分類(チャイルドビュー分類)があります。

臨床的には肝硬変の程度を表し、肝癌治療などの目安にもなる。


【評価項目】


①脳症

1点:脳症なし

2点:軽度脳症あり

3点:時々昏睡


②腹水

1点:腹水なし

2点:少量の腹水あり

3点:中等寮


③Bil(mg/dl):ビリルビン

1点:<2

2点:2~3

3点:3<


④Alb(g/dl):アルブミン

1点:3.5<

2点:2.8~3.5

3点:<2.8


⑤PT(秒)(%)

1点:1~4秒    80%<

2点:4~6秒    50%~80%

3点:6秒<     <50%


GradeA(5~6点)

GradeB(7~9点)

GradeC(10~15点)

の3段階で評価されます。


スコアが8~9点の場合には1年以内に死亡する例が多く、

10点以上になるとその予後は約6ヶ月となります。

覚え方はいろいろありますが、

①プーさんはビールっ腹でもノープロブレム

プー→Child-Pugh分類
ビール→ビリルビン
腹→腹水
ノー→脳症
プロ→PT時間
ブ→アルブミン

②ビア腹(ビール腹)のペイシェント

ビ      →ビリルビン
ア      →アルブミン
腹      →腹水
の      →脳症
ペーシェント →PT時間