Time is Brain』という言葉が示すように、
脳卒中による神経後遺症を最小限にするために、
脳梗塞急性期の治療は時間との戦いになります。

現在、
t-PA(アルテプラーゼ:商品名グルドパ、アクチバシン)静注による
血栓溶解療法が認可されていますが、そのためには、
患者の神経所見を迅速に、もれなく評価する必要があります。

脳外科を回る時には、NIHSSを正確にとれるように練習しておきましょう!!
NIHSSの評価方法については、続きを読んでください。 


【NIHSS(NIH Stroke Scale)】


1a)意識水準

0:完全覚醒

1:簡単な刺激で覚醒

2:繰り返し刺激、強い刺激で覚醒

3:完全に無反応

痛み刺激に対し、反射以外の姿勢を示さないときにのみ3点とする。

 

1b)意識障害-質問(今月の月名および年齢)

0:両方正解

1:片方正解

2:両方不正解

※この時は、ヒントを与えたり、指導を行ってはいけない。

※訂正を行って正解した場合も、最初の答えを採用する。

※失語症や昏迷状態で質問が理解できない場合は2点とする。

※挿管、口腔外傷、高度の構音障害、言語の問題など失語症によらない何らかの問題で

話すことが出来ない場合は1点。

 

1c)意識障害-従命(開閉眼:手を握る・開く)

0:両方可

1:片方可

2:両方不可

※指導したり、励ましたりしてはいけない。

※理解を示さない場合は、パントマイムは行っても良い。

※手が使えない場合(外傷・身体障害など)は、他の1段階命令に置き換えても良い。

※昏睡患者は2点。麻痺があるときは健側で評価する。

 

2)最良の注視(眼球の水平運動)

0:正常

1:部分的注視麻痺

2:完全注視麻痺

※検査前に左右の自発的運動がないか確認する。

※反応がない場合には、人形の目現象がないか頭を左右に動かし、眼球の動きを確認する。

※従命不能なときは、頭位変換眼球反射(人形の眼減少)により評価する。

 

3)視野

0:視野欠損なし

1:部分的半盲

2:完全半盲

3:両側性半盲

 

4)顔面麻痺

0:正常

1:軽度の麻痺

2:部分的麻痺

3:完全麻痺

 

5)上肢の運動(左右):上肢は座位で90度、仰臥位で45度挙上させる。
0:45度を10秒間保持可能(下垂なし)

1:45度を保持できるが10秒以内に下垂

2:45度の挙上または保持ができない

3:重力に抗して動かない

4:全く動きがみられない

N:切断、関節癒合

 

Barre試験と異なり手掌は下向きで良い。

・検査は片側ずつ行い、検査内容を把握させるため、健側から行う。

・覚醒していない場合は、軽い痛みを与え、自力で腕を動かせるか確認する。

 

6)下肢の運動(左右):仰臥位で下肢を30度挙上させる。

0:30度を5秒間保持できる。(下垂なし)

1:30度を保持できるが5秒以内に下垂

2:重力に抗して動きがみられる

3:重力に抗して動かない

4:全く動きがみられない

N:切断、関節癒合

・検査は片側ずつ行い、検査内容を把握させるため、健側から行う。

・覚醒していない場合は、軽い痛みを与え、自力で腕を動かせるか確認する。

 

7)運動失調:指鼻指試験

0:なし

1.1肢

2.2

N.切断、関節癒合

・運動失調は、筋力低下の存在を割り引いても存在するときのみ評価する。

・理解力のない患者、片麻痺患者では失調はないと評価する。

 

8)感覚(pin prickテスト)

0:障害なし

1:軽度〜中等度障害

2:重度〜感覚脱失

・意識障害や失語症例などでは、しかめ面などの表情や逃避反応などで評価する。

・出来るだけ多くの部位で検査する。

・無反応、四肢麻痺、昏睡患者、脳幹病変で両側感覚障害を認めるかんなでは2点とする。

 

9)最良の言語

0:正常

1:軽度〜中等度の失語

2:高度の失語

3:無言・全失語

・絵カードの中で起こっていることを尋ね、呼称カードの中の物の名前を言わせて

文章カードを読んでもらう。

 

10)構音障害

N:挿管または身体的障壁

0:正常

1:軽度〜中等度

2:高度

 

11)消去/無視

0:なし

1:軽度〜中等度

2:高度

両側の2点同時の(皮膚)刺激は、閉眼して行う。

高度の視覚障害があっても(皮膚)刺激に対する反応が正常であれば、スコア0とする。

 
 

合計 42点 

【参考文献】
ISLSコースガイドブック―脳卒中初期診療のために


ちなみにPDFもネット上に掲載されています。
NIH Stroke Scale (NIHSS)