研修医では、循環器内科、消化器科、放射線科、外科、整形外科で『透視』を行います。
透視とは、放射線を出しっぱなしにして、レントゲンを撮りっぱなしの状態にしながら、医療を行います。そして当然、『放射線が出る=被曝』します。患者さんはもちろん、その場にいる医療者も同じ部屋にいる人は全員被曝します。

患者さんは、基本的に施行回数が少ないので問題となることはほとんどありません。
問題は、医療者です。特定の診療科の医療者は、その手技や治療を就労期間ずっと、定期的に行っていくこととなります。特に、血管内治療やIVRを行う診療科、そして消化器内科の医療者は被曝量が多くなります。

被曝を防ぐために、透視室に入る医療者は鉛のプロテクターを身につけます。そこで、無防備になるのが『目(水晶体)』です。自分が研修医の時も、目が無防備になっている研修医が多くいました。そして上級医でさえも、目を無防備にさせている先生がいました。


透視室に入る時は、絶対にパノラマシールドを装着してください。

鉛のプロテクターがないので、目は確実に被曝します。

特に、目の水晶体は放射線感受性の高い組織です。電離放射線によって、目は水晶体に白内障が生じてしまいます。実際、心臓専門医とカテーテル検査室に勤務するスタッフの調査で、十分に対策がされていない所では、水晶体混濁(白内障)が高い割合で発見されています。

白内障の発生は、確定的影響と言われ、発生する確率が、閾値のない線量の関数とされています。わかりやすく言うと、被曝量に応じて、確実に白内障が進行するということです。



『いやいや、透視下に入らなければ大丈夫でしょ!!』


という意見をよく耳にしますが、結論を言うと、ダメです。

透視下にいなくても、被曝します。


散乱放射線


























引用:保科製作所 https://www.hoshina.co.jp/xray_protective_option/barriers.html
散乱放射線と言って、跳ね返ってきた放射線が部屋中を飛び回ってしまうので、室内の人は全員漏れなく被曝してしまいます。だから、透視室内にいる医療者は全員、パノラマシールドを装備しなければいけません。


【パノラマシールドの欠点】
・直接線は防御できない
・重い
・視界が遮られる
・時々曇ることがある
・シールドの隙間からも散乱線が入射する

これらの欠点はありますが、散乱線においては大幅に防ぐことが出来ますので、透視室または手術室などで透視の手技を行う時は、必ず防護服を装備し、パノラマシールドを装着してください。

病院によっては、十分な数のパノラマシールドが置かれていなかったり、汚かったり、壊れていることがあります。また、見学者が増えたりした時には、数が足りなくなることもあります。怪しいなと思った場合や、将来透視を行う診療科に進む人は、ぜひマイパノラマシールドを持っていても良いと思います。

『いちいちビビってると仕事にならないから、そんなの必要ないっ!!』っていう上級医の先生がいるかもしれませんが、そのような発言は無視して、パノラマシールドはしっかりと装備してください。

自分の身は自分で守らなければいけません。

私は、東レのパノラマシールドを買いました。
当時はAmazonで取り扱いがなかったので、病院内の業者からかなり割高の値段で…。

今はAmazonで安く購入できるようになったので、研修までには準備しておきましょう。