研修医マニュアル

研修医生活を送る作者が研修中に学んだこと、ポイント、その他を解説。

研修医生活

【研修医便利グッズ】シュレッダー

研修中は、数多くのレポートを作成しなければいけません。

レポートには、基本的に患者さんの名前など個人情報は記載しませんが、万が一患者さん本人が知ることになれば傷つけてしまう可能性があります。また情報漏洩は重大な事故となります。最近ではアクシデントレポートを書けば済むという問題ではなくなっています。カルテ内容の漏洩は、しばしば新聞沙汰になっています。


症例レポートは、もちろん患者さんの情報を基に作成するので、患者さんの個人情報を参照しながらになります。電子カルテの場合、検査値などを印刷したり、グラフや画像を印刷することも多くあります。

『自分は大丈夫』と思っていても、その思い込みが事故につながります。実際、私も印刷した書類を置き忘れたり、落としてしまったり、机の上に置きっぱなしにして紛失しそうになったりと、何度か危ない経験をしました。


【情報漏洩の事故を防ぐために】


①電子カルテは印刷しないようにしましょう

・電子カルテを印刷すると、患者さんの名前などプライバシーがまるごと印刷されてしまいます。必要なところだけを紙に書いたり、パソコンに直接入力することが理想的です。

・電子カルテを印刷した場合、印刷した人の名前(電子カルテにログインした人の名前)が一緒に印刷されます。印刷した書類を落としたり、忘れたりすると必ず特定されるので信用を失墜することになります。


②どうしても印刷が必要な時

・研修医レポートはどうしても量が多くなるので、電子カルテでまとめてデータを印刷して作業を行う事が必要になることがあります。自分の場合も、患者さんの検査値やサマリ、治療の経過などを印刷して自分の机でガリガリとやっていました。私だけでなく、ほぼ全ての研修医が電子カルテを印刷していました。


③書類は必ずシュレッダーにかけること!!

印刷した書類は必ずシュレッダーにかける必要があります。シュレッダーにかけなかった書類は、自然になくなることはありません。必ず事故になります。



④自分用のシュレッダーを買いましょう!!


・職場には必ずシュレッダーが設置されていると思いますが、共用のシュレッダーなので自分が使いたい時に、他の誰かが使用中だったり、ゴミ箱がいっぱいになっていてすぐに使えなかったりなど非常にストレスがたまります。『今シュレッダーが使えないから後回しにしよう』という発想が湧いた瞬間に情報漏洩事故のきっかけが生まれます。自分用のシュレッダーを購入し、机の横に置いておきましょう。


【おすすめシュレッダー】






クヨ シュレッダー 超静音 CD・カード細断可能 ホワイト AMKPS-MX100W

・音は50dBほどで静かです。

・クロスカットなのでセキュリティは安心。
・マイクロカットではありません。
・家庭用なので、1度に大量の用紙を裁断するのには向いていません。
・研修医レポートであれば、この機種で問題ありません。


【手動タイプのシュレッダー】



 

シュレッダーを検索すると、手動タイプのシュレッダーが安く売られていますが、
絶対に買わない方が良いです。手動タイプは、『コストが安い』、『電源が必要ない』というメリットがありますが、1度に裁断出来る量が非常に少なく、自分でレバーを回して裁断しなければいけないので、非常にめんどくさいです。時間も無駄になります。ですので手動タイプは絶対に購入しないでください。


【業務用シュレッダー】

 
GBC シュレッダー オフィス マイクロカット CD・カード細断 GSHM06M


個人的には、業務用シュレッダーをお勧めします。業務用シュレッダーは、大きくて重量もあり、移動が難しいという欠点があります。また、価格が非常に高額であるという短所もあります。しかしながら、それら欠点を上回る長所があります。


<業務用シュレッダーの長所>

・1度に大量の書類を処分できる。

・裁断したゴミを捨てる頻度が非常に少ないので便利

・ゴミの交換もしやすい

・音が静かなので、周囲に迷惑がかからない

・カードやCD・DVDなども裁断できる


などがあります。

特に、資料やDataなどが大量で用紙が何十枚もある場合、業務用シュレッダーは大きな威力を発揮します。効率・速度を重視する場合はぜひ業務用を購入してください。私は同期の研修医とお金を出し合って病院の職場に1台購入しました。また、あまりにも便利なため自宅にも1台、自費で購入しました。



【カットについて】

 シュレッダーには、『ストレートカット方式』と『クロスカット方式』があります。ストレートカット方式は、文字通り真っ直ぐに切るだけです。クロスカット方式は、ストレート方式に加え、一定間隔で横にも裁断します。ですのでセキュリティレベルはクロスカット方式が高くなります。ストレート方式では、患者さんの名前や病名など単語レベルで解読可能になることがります。必ずクロスカット方式(出来ればマイクロカット方式)を購入してください。


【マイクロカット】

GBC シュレッダー オフィス マイクロカット CD・カード細断 GSHM06M


クロスカット方式に比べて、カットのサイズがより小さくなっております。それにより、一つ一つの紙片が小さくなっているため、
よりセキュリティレベルが上がっており、一般人では復元はほぼ困難なレベルとなっています。

マイクロカットの利点は、セキュリティの向上だけではありません。ありがたいことに、カットした紙くずを交換する手間が激減します。カット片が小さいので、かさばることなく、1袋に大量の紙をカット片を入れることができます。個人的にマイクロカットが非常にオススメです。


【管理人のオススメシュレッダー】


研修医と結婚

 医師になると、男性は特に女性からのアピールが多くなります。医学部に入った途端にモテ気がくる場合もありますが、医師になってから、それを強く感じた人も少なくないでしょう。

 何故なのか、理由はひとつ。「医師」だからです。

 もちろん、見た目や人柄も関係してくるとは思いますが、明らかに「医師」という職業を重視して近づいてくる異性が多いのも事実です。

 それを、医師である自分が好きなのか、自分自身を好きなのか、見分けなくてはいけません。医師という職業に惹かれて近づいてくる異性は、早い段階で結婚をちらつかせてきます。相手の押しに流され、勢いで結婚を決断しないように気を付けましょう。

 「結婚」は「恋愛」と違い、家と家との付き合いも生じ、触れたくないお金の話をしなくてはいけません。「恋愛は夢、結婚は現実」という人もいます。私も納得の言葉です。結婚とは、一緒に生きていく契約を交わすようなものです。結婚への夢を壊してしまうかもしれませんが、離婚経験者なら納得の言葉かもしれません。結婚するのはトントンと順調に進みますが、離婚はそうはいきません。結婚する何倍、いや何十倍ものパワーが必要で、訴訟となると何年もの時間を費やします。離婚を避けるため、結婚前に最低限、確認しておくべき事項を記載します。

続きを読む

研修医の飲み会

研修医にとって、避けて通れない行事が上司との院外コミュニケーション(いわゆる飲みニケーション)です。

各科ローテーション中に必ずと言っていいほど誘われる、上司(上級医)との飲み会(食事会)について、知っておくべき『研修医の心構え』としてアドバイスします。


続きを読む

研修医生活お役立ちグッズ!

 研修医生活が始まると、忙しくなったり、
 疲れ果てたりして買い物にいけなくなります。

 同期や先輩にアンケートを行って、
 研修医生活が始まる前にぜひ揃えておいた方が良い商品を集めてみました。
 

 では、早速ランキング!!


①シヤチハタ キャップレス




  医者には絶対必要な3種の神器の一つ、印鑑!!
  注意しないといけないのは、シャチハタは
 フルネームの印鑑を作ることです!! 
  名字だけではダメな場合が多いです。 
 シャチハタをよく無くしてしまう人のために、
 ストラップもあります(笑)。
 


②ボールペン( ジェットストリーム)





 3色ボールペンは必須です!黒は必須ですが、特に意外に使うのが赤です。
 指示書を書く際、特に変更等を指示する時は赤を使うことが多いです。
 ですから必ず3色ボールペンにしましょう。
 オススメはジェットストリームです。
 病院によっては、紙作業が多い病院もあるので、
 長時間書いても疲れない、ジェットストリームオススメです。


③聴診器(安すぎないもの)

 これは以前、紹介したのでここでは省略します。※聴診器の選び方参照
 聴診で見逃さないためにも、聴診器だけは良いものを持っておきましょう!!


④クロックス 

 

    医療職は立ちっぱなしが多いのが現状です。
 普通の靴だと重かったり、蒸れたりして辛いですが、
 クロックスだと、軽いし蒸れません。
 特にこのクロックスは、足の上落ちる水や血液、ゴミなどが直接足にかかりません。
 医療職にももってこいです!!
 (ちなみに診療科にもよりますが、足の上に血液や医療用具が落ちることは多々あります)
 このクロックスは横穴が空いているので、群れはすくないですよ。
 オススメです。
 値段も手頃なので、激しく汚れた時や、血が付いた時も気軽に廃棄できます。
 (ちょっと痛いですが・・・。コストパフォーマンスは良いです。)


⑤ペンライト



 これも必ず必要です。
 患者さんの咽頭診察や口腔内の観察に便利!!
 このライトはLEDで色も均一で自然な色なので、正確な診察が出来ると思います。
 研修中、または研修後も対光反射を見なければならない状況は必ず経験します。
 このペンライトは胸ポケットに入るので、いざと言うとき重宝します。

⑥真空断熱タンブラー


 これはものすごく捗ります!!なんと言っても、水滴がつかない!!
 冷えたお茶や、熱いコーヒーも、高い断熱性で良い温度をキープしてくれます。
 何より持っても、熱くない!!
 Amazonでもベストセラーだそうです。

 ちなみに、私も買いました。
 しかも、この商品、先輩や友達に上げてもすごく喜ばれます!!
 何より実用的で使ってもらえるので^^
 贈答用もあるので、ぜひぜひオススメしてあげてください(笑)



⑦ツメキリ
 
 気がつくと、伸びているもの、それが爪です!!
 患者さんに触れる職業であり、常にきれいに切っておく必要があります。
 オススメは、下のやつですが、ぶっちゃけ何でも良いと思います。
 大事なのは、良く切れることと、飛散防止カバーがあること、
 そして何よりヤスリがついていることです!!
 切ったばかりの爪は、尖っていて、患者さんを傷つけるだけでなく、
 手袋が破れてしまいます。特に外科用の滅菌グローブは死活問題です。
 ですので、爪を切った後は軽くヤスリで磨くことをオススメします。




⑧スクラブ



 白衣は病院から支給されますが、スクラブはあまり支給されません。
 自分専用のスクラブを複数枚所持していた方が良いです。
 ワイシャツなどを着て白衣を着ることもありますが、
 病院内は空調がきついので、熱くてバテてしまします。
 スクラブはその点、温度管理しやすいです。
 熱ければ、白衣を脱げば良いですから(笑)。
 しかも、病院によってはスクラブを無料でクリーニングしてくれます。
 つまり、下着と靴下だけあれば良い!!そんな生活が送れます(笑)
 ちなみに私はクリーニングに出すことさえ忘れてしまうことが多いため、
 5セット(上下)持っていました。



⑨大量の下着と靴下

 タイトルだけだとちょっと怪しい感じがしますが・・・(笑)。
 靴下と下着は大量にあった方が便利です。
 研修が忙しくなると、洗濯する時間も無くなることが多いです。
 特に、洗濯ものが干せなくなります(笑)。
 洗濯中に寝てしまったり、時には洗濯する暇もないことがあります。
 ですので、下着と靴下は多めに用意しておきましょう!!



⑩打診器

 


 神経診察の時に必須です。
 診察室以外でも使うことが多いので、My 打診器を持っておきましょう。



⑪電子辞書(カシオ) 医学バージョン

 

 
   ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;

 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   iPadさえあればいい
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   私にもありました
   ~''ヽ   `二´    r'´:::. `!

 
 実際、iPadよりも使っている頻度は高いです。
 一番の違いはレスポンスの早さです。
 ぱっと開いてぱっと調べるには、絶対電子辞書が必須です。
 特に、医学辞書が入っているこのシリーズは優秀で
 私もかなり多用しています。
 値段は高めですが、絶対に価値はあります。


Apple MacBook Air

 私は、以前はWindows派でしたが、このmacbook airにしてからは
 すっかり林檎信者になってしまいました。
 ものすごく使い勝手が良いです。
 起動もスムーズですし、デザインもステキですので、飽きません。
 ただ、書類作業などでどうしてもwordやPowerPointが必要になるので、
 出来れば、このOffice 365を導入した方が良いです。



マイクロソフト Surface Pro 4 


 マイクロソフトから出ているSurface Pro4です。
 私の周りでは、Macbook airか、このSurface Pro4かで分かれていました。
 私はこの機種を使ったことがないので、感想ははっきり書けませんが、
 同期の人曰く、使いやすいそうです。
 『意外に重い』と言っていました。
 『○○君の彼女とどっちが重い?』って聞くと 、『Surface Pro 4かな!』と即答していました。
 Surface Pro4、意外に重いのかも知れませんね・・・。

 ※実際、持ってみましたが、それほど重い感じではなかったです。
  デザインもステキで、もちろんOffice搭載していますので相性も良く、
 オススメです。 

病院食(検食)

 お金がない研修医にとって、非常にありがたいのが病院食(検食)です。
 ただ、病院によっては、非常に質素だったり、味が薄かったり・・。

 病院食の美味しい病院での当直は、ありがたいのですが、
 美味しくない病院食は本当にキツイです。

 そんな病院食事情が書かれたスレッドがあったので、紹介しようと思います。
続きを読む
記事検索
ランキング
ギャラリー
  • 脂質異常症
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
相互RSS
  • ライブドアブログ