研修医マニュアル

研修医生活を送る作者が研修中に学んだこと、ポイント、その他を解説。

オススメ参考書!!

初期研修で必ず必要な本!!(研修医の教科書)

 タイトルは少し大げさですが、
 初期研修中にとても役に立った本を紹介しようと思います。

 同期や先輩研修医、上級医の意見も聞き、
 その中で全会一致でオススメした本だけを
ピックアップして紹介します。
 
 買って損は無いはず!!


(1)今日の治療薬2017 解説と便覧




 
 何が何でもこの本は机の上に置いておきましょう。

 必ず役に立ちます。薬の説明だけではなく、

 病気の症状や説明、適用外使用の項目まで網羅されています。

 薬の本=今日の治療薬と言っても過言ではありません。

 特に、ジェネリック医薬品についても書かれているので、
 とても参考になります。

 新薬が出る度に更新されるので、出来れば最新版が好ましいです。

 
(2)レジデントのための感染症診療マニュアル 第2版  

  

 
 感染症治療のバイブルと言っても過言では無い本です。
 研修医だけでなく、上級医の先生も使用しています。

 治療法についても、処方の仕方など詳細に書かれていますが、
 各疾患の疫学、診断の仕方、鑑別疾患など、ほぼ全ての情報が網羅されています。
  
 詳細に書かれており、分厚さも辞書並みなので、気軽には読めませんが、
 机の上に1冊置いておきたい本です。

 ※詳細はぜひ、アマゾンのレビューをご覧になってください。


(3)内科レジデントの鉄則 第2版  


 
 
 レジデントには必須の本。
 難しいことはあまり書いていません、
 基本的なこと、絶対知っておかなければならないことが網羅されています。

 とても読みやすく、出来れば研修医になる前に一読しておきたい本です。
 2年目研修医中も、しばしば調べごとなどに使っています。


(4) 
研修医当直御法度 第5版


 
 初期研修医が直面する困難の1つが当直です。
 この本は当直における、ポイントをわかりやすく解説しています。
 特に、『なんか危ないな』という第六感を養うために、ぜひ一読しておきたい本です。

 基本中の基本から、なかなか詳しいことまで書いてあるので、
 とても勉強になる一冊です。
 当直のバイブルと言っても過言ではありません。(超ベストセラーです。) 
 当直が始まるまでにぜひ一読するとすごく助かります。(精神的にも実践的にも)


(5)問題解決型救急初期診療 第2版  

 
 
 
 各主訴に対してどういうアプローチをしていけば良いかという考え方が、
 チャートで示されており、検査や治療について、
 どう考えていけば良いか、どうしたら見逃しが少なくなるかなど、
 わかりやすく書かれています。
  

(6)内科レジデントマニュアル 第8版

 
  
 
 買ってすぐに使えるマニュアル書です。
 治療法(処方の仕方も)もわかりやすくかかれており、
 症状ごとに、考えなければならない疾患なども書かれていて、
 とても役に立ちます。
 日常でも、当直の不安な時にも便利です。

 値段も安いので、ぜひ一冊もっておくと良いと思います。
 もちろん、私も買いました。

 妊娠・授乳中の薬剤から抗凝固・抗血小板薬中止基準、
 腎障害児の薬剤投与量、よく使う公式集(計算方法)、
 スケールから分類の仕方、死亡診断書の書き方まで
 網羅されていて、親切設計です。

 【以下アマゾンレビューより引用】
 だんだん情報量が増えて、改訂ごとに厚さが増してきています。
 臨床では必要な情報をさっと調べられるポケット版が便利なのですが、
 このままではワシントンマニュアルのような厚さになりそうです。
 10年前に買った第5版くらいの厚さが使いやすかったのですが…。
 詳細は自分で調べるので、最低限の情報だけに絞り込んでほしかった
 というのが、個人的感想です。
 でも中身はいいので、研修医には勧めています。勉強するなら
 内科レジデントの鉄則を使うと効果的です。By dondondonさん


 
Up-to-dateに情報が改変されており、非常に役に立ちます。
 医学部を卒業して、16年になりますが、この本は改訂されるごとに買い換えています。
 実践的なことが書かれており、必要事項が捜し易く、当直には持って来いです。
 何歳になっても勉強ですねえ。By 教科書マニアさん



(7) 
ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

 
 ねじ子先生(現役のDr)による、基本手技の解説書です。
 とてもかわいいイラストで描かれており、
 内容もすごく本格的で大変役に立ちます。
 
【以下アマゾンレビューより引用】
  筆者は医者であり文章及び漫画を執筆している森皆ねじ子さん。
 イラストがかわいらしく、添えられた文も面白い!
 手技を伝授する虎の巻なのにこんなに楽しくていいのか、と思うほどである。
 表紙に描かれたパンダが医療器具をいじって説明している絵は特に可愛い。

 内容は、医療・看護技術の手技についてイラストと文章(ほぼ漫画に近い状態)で
 順立てて説明しているというものである。
 手技のコツやありがちな失敗は勿論、
 誰もが一度は思いついた洒落の落書き(『皮下注』の横にあのポケモンが…)まで
 描かれており、ねじ子さんの楽しいノートを見ている気分になる。

 筆者が医師であるが故か、看護師が一人でやることのある作業も、
 「ここはもう一人にやってもらって…」と書かれているものが一部あるのだが、
 看護師向けに書かれた本としてきちんとした内容になっている。
 看護学生でも楽しんで読める構成だ。
 もっとも学生のうちに経験できる技術は少ないかもしれないが、
 私個人としては、看護学生時代に出会いたかった!と強く思う内容である。

 もともとは個人誌としてコミックマーケットで出されていた内容だそうで、
 筆者のサイトにはこの書籍の元となった個人誌のサンプルもある。
 購入前に確認してみるのもいいかもしれない。 By
満那さん

  
現役女医であるねじ子先生が
 初心者ナースさん向けの雑誌に書きおろしていた
 医療処置の手業のコツを漫画形式で掲載していたものを
 本にまとめたものです。
 とはいうものの、医療従事者でない、
 凝り性の私の性格をよくぞ分かってくれましたという
 くすぐられる本でもあります。
 例えば、点滴をするとしたら、管のぽたぽた調節の名前は何?
 とか、どうやって調節するんだろう?とか
 注射ってやる人によってなんで、こんなに痛みに差があるんだろう?
 とか
 未知の分野だからこそ、知識がまっさらなので
 興味津々な内容なので、知らない人にとっては謎解き本でもあります。
 ナースさん向けの内容なので
 全てが理解できるわけではありませんが、
 業界用語?チックな器具の名前や
 薬の名前も読んでいてちょっと頭が良くなったような気もするし
 例えば、検査の時に、疑問がわいても、忙しそうなナースさんに
 話しかけられずに、言われるがままにお願いしていたことも
 なーんとなく”あっそういうことだったんだ”と
 妙に納得です
 処置法を示す絵も、グロくなくて、
 パンダに扮したのねじ子先生が可愛く表現してくれていますので
 ご心配なく!  By ちゃちゃぽんさん 

(8)循環器内科ゴールデンハンドブック

 
 ガイドラインや診断方法がわかりやすく載っています。
 多くのオーベン(指導医)から勧められたこともあり、
 循環器内科をまわる際には、必須ではないでしょうか。
 ちなみに私はこれの前の版を持っていますが、
 循環器内科を回る時には大変役に立ちました。
  

小児科オススメ参考書!

自分を含め、小児科をまわった研修医と
その指導をしてくださった指導医の先生にアドバイスを頂き、
小児科で役立つ本をランキングにしてみました。



 続きを読む

泌尿器科オススメ参考書!

(1)病気がみえる 〈vol.8〉 腎・泌尿器 (Medical Disease:An Illustrated Reference)


 基本的に、この1冊は必須!!
 おそらく、学生時代にすでに購入しているはず!
 持っていなかったら購入しましょう。

(2)標準泌尿器科学 第8版  

 
 必要十分な知識が網羅されていますが、
 具体的な治療法については、あまり書かれていません。
 実際に臨床の現場で具体的な治療を学んで補完すれば良いと思います。
 
(3)泌尿器科レジデントマニュアル (レジデントマニュアルシリーズ)

 
 具体的な治療が書かれており、 
 上2つの教科書だけでは、足りない部分を補う意味で重要な本です。

内科オススメ参考書!!

(1)ジェネラリストのための内科外来マニュアル

 症候別にフローチャートを使って、
 疾患をまとめてくれているのが非常にありがたい。 
 また、疾患の頻度別に載っており、さらに、
 見逃したくない疾患もしっかり列挙してくれている。
 また、それに対する実際の治療法も詳しく解説されているので、
 臨床の場において、非常に役立ちます。

(2)胸部X線診断に自信がつく本 (「ジェネラリスト・マスターズ」シリーズ 1)  


  今まで漫然と見てきたX線画像を、
 きちんと系統立てて見ることが出来るようになる一冊です。
 ただし、レベルは少し高めで、入門書としては難しいかもしれません。
 ある程度、レントゲンを見てきて、一度詳しく勉強したいな!
 という方にはぜひオススメです。

(3)内科レジデントの鉄則 第2版


 当直の時、内科救急で呼ばれた時、病棟で困った時など、
 上級医がいない場合を想定した作りになっています。
 実際に上級医がどのように考えて臨床しているかを、
 きちんと書いて説明してくれている本です。
 聖路加国際病院の内科チーフレジデントによる執筆で、
 ステキな仕上がりになっています。

(4)糖尿病診療〈秘伝〉ポケットガイド  

  なんといっても価格がお手頃!!
 でも中身はしっかりまとまっていて、糖尿病ということに関しては、
 一般内科で出来る範囲をカバーしてくれている一冊です。
 サイズも、ポケットサイズで、白衣のポケットに入れて持ち運びしやすいです。

(5)ハリソン内科学 第4版

 言わずとも知れた、内科学のバイブルです。
  あらゆる疾患を網羅しているので、まさに
  『困った時の1冊!!』です。 

脳外科をまわる際に必要な本!!

 脳外科をまわる際に、上級医の先生から勧められた本や、
 自分が使ってみて、役立った本をまとめてみました。

 脳外科を実際にまわってみて感じたことは、
 解剖と局所機能(生理を含めて)が非常に大切だということです。
 その知識の上に、読影があります。
 →解剖と局所機能がわかっていないと、臨床も読影もひどいことになってしまいます。
 (実際、当初、私がそうでしたorz)

 脳外科は、とても難解ですが、勉強しているうちに、
 まるで霧が晴れるように理解できる瞬間を体験できます。

 ぜひしっかり勉強してみてください。 
 オススメする本は必ず貴方の力になってくれると思います。 続きを読む
記事検索
ランキング
ギャラリー
  • 脂質異常症
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
  • 病院食(検食)
相互RSS
  • ライブドアブログ